サイネリア


花色: 白〜ピンク〜紫〜青

花期の長さ(2つでヨユウ)
楽チン度(入学式まで)
華やかさ
ボリューム

サイズ(値段帯):
4号〜6号まで
およそ400円〜2,000円まで。

写真は1,200円のものです。

良いところ:
同じお値段の中でのボリュームは一番!
一番多い淡ピンク系の花は春らしさ満点。


困ったところ:
黄〜オレンジ色の色あいがないので、やや暗いと言えば暗い。(最近は淡黄は出てます)
つぼみが固いと、グリーングリーン♪てかんじ。。
園芸的には一年草扱い。

 管理方法 1) 入学式まで 一段あけないとギュウギュウだーー@@

置き場所
よく日に当たる場所。この時期寒さは心配ない。
むしろ暖かすぎると花がどんどん咲き進むので、人には肌寒いくらいの10℃程度で管理できると最高。20℃以上になると暑すぎてぐったりします。下は5℃位まで。
また昼夜の温度差が大きすぎても株が弱るので注意。

水やり
葉が大きいので、すぐに水を欲しがる。
土の表面が乾いたら、底穴から出るくらいたっぷり与える。
受け皿には水をためないこと。

肥料
入学式までならあげなくても体力もつと思います。
あれば白い粒の化成肥料を適量。

その他のお手入れ
先に咲いた花を残しておくと、黄色い花粉が落ちるしタネになろうとして体力も使うので、卒業式が終わったらそのとき咲いている花は思い切って全部摘んじゃいましょう!
卒業〜入学式までは2週間以上あるから大丈夫、下に待ってるつぼみがちゃんと咲きますよ☆
(それに、しぼんだ花をいちいち摘み続ける方が、お手入れとしてめんどくさいと思うんですよね…)


管理方法 2) 再び咲かせるためには

サイネリアは暑さに弱く、日本では夏に大抵枯れてしまうので一年草扱いになっています。

…その昔、小学校の卒業式でもらって帰って、けっこうがんばってお世話していたのに夏枯れてしまった※ときのしょっくは今でも忘れないくらいです(^^;

でも!先に咲いた花をどんどん摘みながら、下の方の小さなつぼみまで咲かせ続ければ1か月以上もちますし、最初についていたつぼみが咲き切ったあとに枝を半分ほど切り戻せば(ひと回り大きい鉢に植え替えられれば尚可)、二番花のつぼみが育って梅雨明けくらいまでは十分楽しめるので、オトナ的には十分「元は取った」気分になります。

咲き続ける体力を切らさないよう、よく日に当て、白い粒の化成肥料を与え続けましょう。


※ワタクシ横浜育ちなもので、よけいに夏のベランダは灼熱地獄だったせいでもあるんですよね…知らなかったから(T-Tゴメンヨ
同じような温度帯でよく育つシクラメンも夏越しする信州の風通し良く涼しい半日陰なら、十分夏越しできる可能性ありますよ♪