カランコエ


花色: 白〜黄〜オレンジ〜赤〜ピンク

花期の長さ(2つでヨユウ)
楽チン度(入学式まで)
華やかさ
ボリューム

サイズ(値段帯):
2.5号〜6号まで
およそ300円〜1,300円まで。

写真は500円のものです。

良いところ:
手がかからない!水やりもほとんど必要なし!
年中いつでも同じような品質・価格のものが出回っているので入手しやすい♪(花屋的に。)


困ったところ:
ちょっと春らしさに欠けるといえば…欠ける。
つぼみが固いと、見た目ほぼグリーンという罠。

 管理方法 1) 入学式まで
置き場所
日当たり〜明るい半日陰。
入学式まで置いておく程度なら、日陰でも可。

水やり
やらない。むしろあげないほうが良い。
あげなければいけないときは、
1)土がカラッカラになった
2)それを何日か放置したら葉っぱにちょっと張りがなくなってきた
それくらいまで、ガマン。

肥料 不要

その他のお手入れ
先に咲いて、色あせてしなびた花を摘み取る。


管理方法 2) 再び咲かせるためには

花が咲ききったら、伸びた花茎だけを切り取ります。
本来日光大好きなので、窓際の日当たりか、凍みる心配がなくなれば戸外に出して管理します。
真夏の直射はさすがに強すぎるので、半日陰に移動。

水やりは土がしっかり乾いたら、下から出るくらいたっぷり。

水を「少なめに」というのは、量のことではなく、回数のことですから、あげるときは必ずたっぷりと与えます。

肥料は春と秋の気候がよいときに、月に一度白い粒の化成肥料をポロポロあげる程度。

そして
ここからが本題です。
カランコエは、「短日性植物」といって、一日のうちの日光に当たる時間が短くなってくると花芽をつける性質を持っています。

よく、買ったときに一回咲いたきりで、その後咲かない。。
という話を聞きますが、寒くなって室内に入れて、夜に電気をつけるから、「まだ日が長いぞ」と感じさせてしまうのです。

カランコエの部屋は、夕方から絶対に電気をつけない!!

…のは多分ムリなので、夕方から朝まで13時間くらい、光を通さないダンボールかなんかをかぶせるようにして下さい。
そのうち花芽がつくようになります♪