今まで作った寄せ植えたち

作っているのはこんな人


Azusaのmyコンテナガーデン♪
プリムラ・オブコニカの寄せ植え

2015年 2月20日・22日 開催

費用(材料費・講師料込み):2,600円
(受皿つき!)


半日陰でもよく咲くオブコニカと、花期の長いカランコエの組み合わせです。

オヤよく見ますと(さほど見なくても)、この暖房する室内に飾る時季、最も気をつけなければならない観葉植物の姿が!
そうですアジアンタムですこの春を感じるやわらかなみどりいろの葉は、ウッカリすると乾燥する室内でチリチリのカリカリに干からびてしまうのですっ!p(><

インフルウィルスの感染率を下げるためには、アジアンたんの葉っぱを保てるくらいにお部屋の湿度を上げていきましょーというようなお話になるのでしょうかどうでしょうか。

※ちなみにワタクシは自宅のアジアンたんを、北向きのお風呂の窓際の、ちょっとした幅のあるとこに飾っております(入浴時も)。真夏も真冬もきれいなみどりですよ〜(^O^)ノ



多肉植物のセラミス植え

2015年 2月21日 開催

費用(材料費・講師料込み):3,000円
この時季、多肉さんの大多数はおそらく、
「あー信州の冬寒すぎんだよ早く終わんないかなー」
と思ってはいないにしろ縮こまって暖かくなるのを
待っています。
その間、ほとんどカタチを変えないさまざまな
質感の多肉を詰め合わせて、オブジェのような姿を
楽しみましょうd(^-^*)

大体において、園芸初心者さんは多肉やサボテンを、
「お水をあげなくてもいい楽チンな植物」と思っていますが
(あとエアープランツもね…=_=;)
初心者を卒業されてる皆サマは、多肉さんに
あまり無理をさせない、雨季と乾季のメリハリのきいた
お世話をしていただきたいところですね☆